scratch!!!

タグ:読書 ( 5 ) タグの人気記事

GWの総括、とか、流川のネコ

d0142891_1995656.jpg
↑ click to enlarge



5/6、7を休めれば連休モードは継続中と思うのだが、世間的にはGWは5/5で終わりだそうで。なんだ、ちっちぇーなぁ日本は(笑)

私といえば1日から5日までがっちり休みまくりまして、あらためて思ったことは「仕事辞めても、やることには事欠かないし」。ま、やることと言っても別に立派なことでなくて、散歩するとか、その出先でぼんやりするとか、本を読むとか、そのへんですけど。

昨年のGWは思い立って山口・萩への旅を。今年は事情があって遠出は難しい雰囲気だったので、もっぱら近場で。尾道を歩き、海辺でくつろぎ、街なかをさまよい日陰を探して佇み、夜の公園をうろつくという、まあなんと贅沢な(笑)しかし、日暮れどきあるいは夜の平和記念公園があんなに落ち着くものだとは思いませんでした。あと、夜の流川はやっぱりちょっと怖い。一眼レフなんか提げていると因縁つけられそうで余計に怖い。それでもネコさんに出会うと、人目は無視して、しゃがんだり立ったりしつつシャッター切りまくります。

連休中の読書としては、森山大道さんの「犬の記憶」、「犬の記憶・終章」。まあこれもなにをいまさらの、50周遅れくらいの話です。自叙伝なのだから仕方ないのだがなにかやや感傷的なところがあってそこは私にはちょっとアレでしたが、でも読んでよかった。駆け出しのころ、プロヴォークのころの中平卓馬さんとの交流とかすごく印象深かったですね。それとネットでたまたま引っ掛けた、森山さんと私が好きな柳沢信さんとの、ほんの微かだけれど接点が見えて、それがとてもうれしかったり。

1960年代以降の日本の写真家のあれこれをちっともフォローできていないので、見当違いだったら申し訳ないけれど、表面的な作風としては重ならない、柳沢さんと森山さん中平さんだが、撮り手の心情を写真に--まったく、あるいは、過度に--持ち込まない、という姿勢が共通している、そう私には感じられて、気になるひとたちなんですね。もうお亡くなりになったり、70歳を過ぎた方々なのですが。

という流れでひとつ気づくのは、写真家さんの評価は一枚の作品によってという面もあるけれど、その生き様とか写真家人生全体として何を積み上げて残してきたかによるのではないかと思うのです。たとえば歌手なら、それが一発屋と揶揄されたとしても、ひとつの作品で何十年も人の記憶に残る存在になれますが、極端な話、写真家の本当の評価は晩年あるいは亡くなってからその全体をもとに固まるものではなかろうかと。そういう属性の職業だと感じます。

さ、今日から仕事。



d0142891_21214342.jpg
↑ click to enlarge



d0142891_2122279.jpg
↑ click to enlarge




人気ブログランキングへ
一日一回、↑のバナーをクリックしていただけると、加点されて、管理人は喜びます。ありがとう。

[PR]
by scratchphoto | 2010-05-06 00:08 | きょうのひとこと

旧友は春に帰る

d0142891_2110576.jpg私がハードカバーを買う数少ない--というか、いまとなっては唯一?--作家、東 直己。「便利屋」シリーズの最新作です。
知人(一方的ではあるが)の近況を知る感覚なので、読めるというだけで星の数でいうならばひとつプラス(笑)。逃避行のスリル、困難に立ち向かう意地、そしてラストの”感触”。本作はまだ出たばかりってこともあるけれど、ネット上で氏の作品を取り上げているものがあまり多くはないので、いつか、どなたかが検索をかけたときにひっかかって、背中を押せることを願って記事にしておきました。

旧友は春に帰る/東 直己/ISBN-13: 978-4152090447


[PR]
by scratchphoto | 2009-11-29 00:10 | きょうのひとこと

黄砂が来る

d0142891_18464082.jpg制服捜査/佐々木譲

はじめにお断りしておきますが、私は基本的に文庫化されるまで待つ--あるいは文庫化されてはじめてその存在を知る--ので、作品が世に出てから数年後にその感想を述べるという、まあ多大な周回遅れの話になります。

佐々木譲さんの作品は、先日、「警官の血」がテレビのスペシャルドラマで放映(私はドラマは見たが、原作は読んでいない)。「笑う警官」は(これは少し前に読んだ)今年映画公開予定だそうです。

「制服捜査」は同じ主人公(駐在所勤務の警官)の短編集。なかなか面白かったです。気になったのは、その主人公の”顔”が見えないところ。性格や信念のようなものは読んだままわかりますが、具体的な人物のイメージが湧いてこなかった。しかしまあ、警官の制服・制帽を身につけた”のっぺらぼう”というのも、逆にイメージを固定化せずかえってよいのかもしれません。

あとひとつ。舞台が北海道の田舎町という設定で、なんというか精神的に閉鎖的もしくは排他的な、しかし、おそらく小さなコミュニティならそうであってもおかしくないな…と思える、私からすれば”イヤな町”なんですね。
私が好きな東直己さんの作品の舞台でも、同様な雰囲気を持つ北海道内の町が設定されていたことがあって、やっぱり田舎ってそうなの?という印象をさらに強化することになりました。小さな町を牛耳る土地の権力者。よい面とわるい面を兼ね備える人間関係の結びつき。将来は北海道に住みたいんですけど、そういうところはイヤだなぁ。

さて、この「制服捜査」は面白かったけれど、本はすぐ近所の本屋へ売りに行きます。このまま置いてても仕方ないし。



*****


黄砂が日本にやってくるとのこと。
昨年は北京オリンピック開催の関係で中国上空の空気がわりときれいだったため問題なかったけれど、それ以前の2,3年は大気中に放出された汚染物質をまとった黄砂で--数年の状況を考えあわせるとこの結論に--ノドをやられました。ひどく咳き込む症状に見舞われます。
オリンピック終了後は以前の汚れた空気に戻っただろうから、今年の黄砂には要注意。朝からマスクでガードしてみます。


*****


Gallery Scratch Room108、オープンしました。

あしあと代わりに↓をポチッとクリックしていただくと、10ポイント入ります。
ブログランキングへ


*****
[PR]
by scratchphoto | 2009-02-12 00:05 | きょうのひとこと

ノレない、マツリ

d0142891_2321223.jpg

お昼どき、職場売店の前で「カキ祭り」開催中でした。
ここで焼きたてをひとつ200円。40人ぐらい、あるいはもっと、行列ができてました。
私はカキと相性がよくないので、香りだけいただいて撤収。


*****

d0142891_2323419.jpg昨年から買おうかどうしようか迷っていたのですが、買いました。


絵解きで野鳥が識別できる本 (BIRDER SPECIAL)
叶内 拓哉
文一総合出版
ISBN-13: 978-4829901717


定価2520円(だけど、職場で買ったからさらに1割引)でそんなに高くないし、写真がわりと豊富で、鳥の特徴を記したフローチャートの”Yes/No”を辿れば名前にたどり着く、と、とりあえずの検索に使いやすい気がします。

”お役立ち”だとわかっているのに、そんなに高価でないと知っているのに
なぜいままで買わなかったか。
それはですね、職場植物園で知らない鳥を見て、その足で職場売店に来て、
ここでページをめくれば用が済むことが多かったから(>セコィ)



*****


あしあと代わりに↓をポチッとクリックしていただくと、10ポイント入ります。
ブログランキングへ


*****
[PR]
by scratchphoto | 2009-01-24 01:01 | きょうのひとこと

数少ない読書の機会

d0142891_6454434.jpg池袋ウエストゲートパークシリーズの文庫版が出ていたので購入。職場で買うと1割引でこれはありがたいのね。ついでに、読み終わったあと、手元に置きっぱなしにせずさっと近所書店の古本コーナーに売れば100円だか200円だかで買い取ってもらえる。前にも書いたけれど石田衣良さんは人気作家のグループにランクしているので、普通よりも買い取り金額を高く設定…だそうです。
…と、ふと思った、古本コーナーで買って、読後そこに再び売るのがいちばん安く済むじゃない。ただ作家さんの気持ちになるとそれもね。人気作家さんの懐具合を心配する私の立場じゃないからあんまり深くは考えないけど。

4篇収録のうちの最初のひとつしかまだ読んでなくて、率直に言えばそれの出来は、ちょっと。悪くはないけれど、ちょっと。残り3篇に期待です。

石田さんも、あと東直己さんにも共通して感じるのは、読んでいて、それがカウンターで自分の隣に座っている主人公から話を聞いているような、そういう感触を持てるところ。一人称で物語が進む構成になっているから…だけではない、うまさというか、読みやすさ--聞きやすさ--があると思います。




d0142891_6455938.jpg~ひまわり~にはまだご来店いただけていないようです。まあ気長に待ちます。冬はこれから。

…で、検索かけてたら、小学生の自由研究の記述があって、「鳥たちはひまわりの種を好むけれど、好きな味はあるのだろうか?」って、種に醤油・わさび・チョコレート味をつけて調べたんだって。結果、ヤマガラはチョコレート味が好きとか、もう無茶苦茶な(苦笑)
(味付けをしていると鳥の身体に悪影響という意見もあり、個人的にそういうチャレンジに興味がないことは明言しておきますm(_ _)m)



人気ブログランキングへ


[PR]
by scratchphoto | 2008-10-29 07:16 | きょうのひとこと