scratch!!!

尾道市

d0142891_8154664.jpg



*****


画像をクリックすると大きくなります。

あしあと代わりに↓をポチッとクリックしていただくと、10ポイント入ります。
人気ブログランキングへ


*****



まったくお恥ずかしい話なのですが…と、以下のコメントを読む前に、
この折りたたんだ画面を開いたのであれば、
もう一度画を(拡大して)、特にネコさん近辺をじっくり見ていただきたいわけで。





…と、見てもらいましたか? では続きを。

私は「あ、水飲んでる」としか思っていなくて、
この画像を、家に帰って拡大するまでその認識だったのですが、
よくよく見るとバケツの上には雨どいがあるのですね。

雨どいを流れる水はこのバケツに溜まり、
でもそこそこの雨が降ったらすぐにあふれ出る程度の容量しかなくて、
ならなぜここにそんなものを用意しているのかというと、
ここから先は勝手な想像の領域に入るのですが、
ネコさんの飲み水用に置いているのではないかと。

そういうヒトとネコのストーリーを組み立てることも可能なはずで、
実はこの画のなかで一番大切なのは”そこ”だと思うのです。

で、なにが「恥ずかしい話」かといえば、ファインダーを覗いているときに
そのことに気づいていれば、状況をよりよく説明できるポジションどり、
あるいは構図の選択ができたはずなのに、まるっきり”なってない”と。

つまり、見ているようでなんにも見えちゃいないのですね。

家に帰ってからでは”時すでに遅し”なので、この画に関してはトリミングで対応。
画面面積の1/3くらい捨ててます。
ちょっとのトリミングならともかく、もったいない。

少し前からネコを登場させる写真に関する方針を変更して、それは、
写っているものの中身を言葉で説明し、
撮り手である私の意図や感想に誘導するのは極力やめよう、と決めたのです。

もちろんこのやり方は表現方法の選択肢のひとつに過ぎません。
撮り手の技術(画像の後処理も含めて)がまったく追いついていないから、
中途半端な結果に終わることがたぶんほとんどなのですが、
それでもいいから「私は、言葉で誘導するのは(基本的に<この決意の弱さもどうだか・笑)やめよう」。

というか、あとで気づいたあまりの悔しさったら m(_ _)m
[PR]
by scratchphoto | 2008-12-23 08:16 | 尾道市